徐々に薄毛が進行|AGAの治療費用には保険が適用されない

第2のAGA治療薬

栄養剤

第2のAGA治療薬と呼ばれるザガーロは、ジヒドロテストステロンの1型も2型も阻害する作用があり、従来の治療薬よりも高い効果を期待されています。東京のクリニックでは、2016年6月から取り扱いが始まっています。

More Detail

どのくらいお金がかかるか

医師

一般医院と専門医院で違う

男性型脱毛症、通称AGAは男性ホルモンや遺伝、ストレス、生活習慣などの影響により徐々に薄毛が進行していく症状です。抜けた毛は、細く弱々しいのが特徴です。そのまま何の治療もしていないと、最終的には後頭部と側頭部にしか髪の毛が残らない状態になってしまいますが、医療機関でAGA治療を受けることで薄毛の進行は止めることができます。医療機関といっても皮膚科のような一般医院と頭髪治療のみの専門医院があります。一般院で治療を受ける場合、1万円前後の費用で治療を受けることができます。専門医で治療を受けるとなると、保険の適用がされないのです。ハゲは病気ではありませんから費用は3万円前後かかるのが相場となっています。

治療プランもさまざま

AGAを治療際に一般医院と専門医院で費用が安いなら、一般医院となりますが、皮膚科のような一般医院での治療となると基本的には育毛治療となります。抜け毛の進行を抑える目的ですので、抜け毛は止まりますが発毛させるところまでを目的とはしていないです。発毛を目的とするならやはり専門医院で、専門的な治療を受けることです。専門医であると治療費用が高くなってしまうイメージがありますが、現在では治療プランも細分化されています。少し前までは、どの患者も3万円前後AGA費用がかかるのが普通でしたが、頭髪の状態で抜け毛対策のみ治療であると1万円以下で治療ができたり、発毛促進をさらにアップさせる注射治療が追加料金で受けられるなど、患者の希望に合わせて様々なプランが用意されています。

薄毛や若ハゲの根本的治療

シニア男性

薄毛が進行しないうちに自毛植毛手術を受ければ、移植本数が少なく費用がかからない上に、悩みを早く解消することができます。大阪には自毛植毛を行なっているクリニックが多いので、手術方法や費用を比較検討しやすくなっています。

More Detail

髪の毛が抜ける原因を知る

女性の頭

円形脱毛症の原因は、ストレスだけではなく遺伝的疾患や婦人的疾患などがあります。特に女性の場合は、妊娠して出産する事で女性ホルモンのバランスが乱れて抜け毛が発生しますが、何が抜け毛の原因であるかを理解する事で、効率的に治療する事ができます。

More Detail